美味しいコーヒーを入れる

息子がテスト勉強で部屋に缶詰になっている。ちょっと息抜きで顔を出して、珍しくコーヒーが飲みたいと言った。我が家は夫がコーヒーの管理をしていて、朝のコーヒーを設定済みのコーヒーマシンは触れない。すでにグラインドしたコーヒー豆があったので、久しぶりに自分で手でドリップしてコーヒー入れてあげようか?と言ったら、息子は「本当?」と言って嬉しそうだった。

ハンドドリップ久しぶりだなと思いながら、お湯を沸かして、フィルターをセットして、お湯でフィルターを濡らして、引いたコーヒー豆を入れて、コーヒーをお湯で蒸らして、そのコーヒーは捨てて、改めて、ゆっくりと円を描きながら、細く静かにコーヒーを注いでいく。むくむくと盛り上がるコーヒー豆を眺めながら、こういうことをするのは、本当に久しぶりだなと思った。フルタイムで働いているため、毎日慌ただしくバタバタしていたため、こうやって丁寧にコーヒーを入れるってこと忘れていたなぁと反省。

コーヒーを落とし終わって、息子に渡すと、興味津々で味を見た後「美味しい」って言ってくれた。考えて見たら、私がハンドドリップのコーヒーを子供に入れてあげたのは初めてだった。半信半疑だったよう。

たまには手間をかけてあげるのもいいかもねと思った。

1歳の誕生日会について

今日、児童センターでママ友とおしゃべりした。

そのママの子どもの1歳の誕生日があって、旦那さんの実家で先週の週末お祝いをしたらしい。

その実家は山口県で、金曜の夜に広島から車で行ったんだって。

すごいなと思った。広島と山口は隣県だけど、うちらが住んでいるのは、岡山県寄りだから大変だったと思う。

子どももいるし。

子どもは、最初の20分、グズって泣き通しだったらしい。寝てたのを起こされたから泣いたんだと思う。

子どもを連れてのドライブ旅は本当大変だと思う。うちも、子どもとどっか、行きたいなと思ってるけど、ドライブは大変かな?

休み休みなら大丈夫だろうか。電車だと早いけど、泣き出したらほんとどうしたらいいか、わからないし。

子どもと旅行となったら、どうやって行くのか、対処法はどうするか、いろいろ考えて準備しなくては。

ママ友さんは、週末はまあ楽しかったと言った。子どもに一升餅をかつがせたり、ジジババに遊んでもらったり。

うちも、子どもが1歳になった暁には、いろいろお祝いしてあげたいな。旦那のご両親はお祝いをあげるねと言ってくれている。現金がいいでしょと。

現実的だけどとてもありがたい。

1歳の誕生日について、考えさせられた日でした。

自己中な友達がうざいです。

私の友達で自慢話をしたり自分中心の会話をする人が居ます。それ以外は人としてはいい人なのですが話を聞いているとたまにうざくなってきます。私の話ももう少し位聞いてくれても良いんじゃないかなと思いました。友達は悩み体質で客観視が苦手な所があります。

正直そんな事を気にしなくても良いんじゃないかなと思う内容ばかり話して来るので真面目に聞いていると疲れるので聞いているフリをして聞き流しています。たまに「本当に聞いている?」と聞いてくるのですが真面目に聞く話の内容じゃないんだよと思ってしまいます。

友達は学生時代の時はそこまで気にしない性格だったのですが社会人になってから愚痴も多いし自分の悩みの話ばかりだし聞いている身にもなってみろと思ってしまいます。自分で処理ができないんだろうなと思いました。

私が相談すると真面目にアドバイスをくれるような人だったのですが友達は余裕が無くて他の人の事をかまっていられないんだなと思いました。そういう性格だから悩んでばかりいないといけなくなるんだよと思いました。

たまに悩みすぎてお店でご飯食べている時に泣いてしまう時があるのでそれだけは勘弁して欲しいなと思いました。なのでご飯食べに行くのは最近控えています。

担任の先生の暴言

我が子も、遂に小学一年生が終わりました。

とても緊張して学校へ行かせていたので、とりあえず一年が終わりほっとしています。

クラスがたった二つしかない学年で、隣のクラスの担任の先生が暴言を吐くタイプだったので色々と心配しました。

自分の担任でもないのに暴言が聞こえると怖いらしく、気になってました。

学校側にその先生の言葉遣いについては、かなり注意して頂きたいと伝えたのですがそれでも最後までほとんど変わらなかったのが残念です。

まだ入学して一年にも満たない子供たちに対して、何でそんな風にしてしまうのか不思議です。

一番、学校というものを好きになってもらいたい大事な年だというのに。

担任の先生には当たり外れがありすぎますね。

公立の小学校に通わせたから、仕方のない面はあります。

私立なら、親からのクレームは絶対に無視できないハズですからね。

公立と違って学校の評判が大事な分、かなりそこは厳しいはずなのです。

実際、私立に通う知り合いの学校では先生はとても生徒を大切にしているようです。

公立の小学校だと、最近では多くの先生が精神的に病んでしまったりして辞めたりするから、どうしても先生に甘くなってるところがあるように思えます。

暴言なんて、子供が真似したらどうするんでしょうね。