息子風邪をひき39度でも元気いっぱい

2歳の息子が風邪をひいたようで熱が39度にまで上がりました。

しかし、当の本人はいつも通り元気いっぱい。

病院に行き、食事作りに、すりリンゴこっそり薬を入れたり、寝かしつけたり、無理な動きをさせないように、と母の方がヘトヘトです。

そして、解熱のための坐薬がまた一苦労。

嫌な気持ちは分からなくもないですが、早く解熱させてあげたいので我慢してもらいましたが、これまた母が疲れました。

そのおかげもあってか熱は下がってはきましたがまだまだ症状はあるので、残念ですが色々な予定はキャンセル。

それでも子どもの元気が何よりです。

また元気になったら、一緒におでかけしたり公園に行ったりいっぱい遊んであげたいと思います。

母も体調崩さないように気をつけます。

豚肉の生姜マヨ和えとキャベツのおつまみを作りました。

JAFの冊子に薬膳料理として載っていたので、作ってみました。

豚肉はロース肉を400グラム使いました。

ロース肉は半分に切りました。

おろし生姜と酒と醤油を各大さじ3豚肉に10分浸けるとありましたが、生姜は妊娠中にはあまり沢山食べてはいけないということだったので、一応念のためにおろし生姜は大さじ1にしました。酒と醤油は分量通り入れました。

フライパンにサラダ油大さじ1を熱して、豚肉を入れました。しっかりと炒めてから、炒め終わったらマヨネーズ大さじ3を入れて和えました。

仕上げに七味唐辛子を振りかけて、レタスとミニトマトを盛り付けたお皿に盛りました。

レシピでは千切りキャベツの上に載せるとありましたが、レタスのサラダが作ってあったので変更しました。

七味唐辛子が効いていて、ピリッと辛くて美味しかったです。

キャベツのおつまみは、キャベツをざく切りにして、塩こんぶとごま油を入れて和えました。量は適当でした。

塩こんぶの旨味とごま油の風味が効いていて、キャベツの歯ごたえもシャキシャキしていて、美味しかったです。簡単に出来て美味しくてよかったです。

夕食が早く出来あがったので、アイロンをかける時間ができたのもよかったです。